6242.jpg
寒くなってきたね。そろそろコタツ出そうかな。

寒い冬に備え、こないだ110デニールのタイツを購入したら間違えて大きめのサイズ買ってしまったさかごろうです。
大きいサイズだから腰で止まらずお腹までスッポリ履けちゃう.........
まぁ、腹巻代わりになるからいいか。



BLOGを始めてからというもの。音楽はしょっちゅう聴くようになったが、本はあまり読まなくなってしまった。というか、読むヒマがない。
音楽だったら何かをしながら片手間に聴くということもあるが(でもこれ、あまり好きな聴き方じゃないけど)読書の場合は何かをしながら片手間に読むということはできないからナー。

実は今、読みかけの本が3冊ほどある。
そのうちの1冊は2、3年前から途中で止まっている。ちょうどBLOGを始めた頃だ。
もう内容はほとんど忘れてしまった。読むとしたらもっかい最初から読み直さなきゃ。

私が好きなジャンルはね推理小説と時代小説でさ、数年前まで宮部みゆきにハマってたのよね。中でもとくに時代ものがおもしろくて。
でも今は宇江佐真理にハマりつつあるな。
古本屋に行ってもこの人のばかり選んじゃったりするし。

あー・・・でもね。ここ最近はこれ読んでた。

「ぼくの好きなキヨシロー」
6283.JPG

もちろん小説ではない。
スラスラッと読めるから読書というほどのものではないんだけど。

内容はね、泉谷のおいちゃんと、昔CHABOさんと共に古井戸で唄っていた加奈崎芳太郎さんがキヨシローのことを話しているんだな。
若い頃のおもしろエピソードがあったり、おいちゃんと加奈崎さんとキヨシローの関係性みたいなものがそこかしこに垣間見れてさ。
私の知らなかったキヨシローの姿も見えてくるようだ。
なかなか読みごたえがあるよ。
それに、古井戸時代のCHABOさんの話もちょびっとあったりして。
なんかさ、あの1979年の『ラストステージ』LIVEを収録したアルバムが好きでよく聴いてたんだけどね。
5730.jpg
あのブルージーな声で唄う加奈崎さんのことを「物静かな人」だと勝手に思い込んでいたけど、結構物事をストレートに言う人なんだね、あの本を読んでみると。
また違う面が見れて、なんだかいい。

6354.jpg 6357.jpg


それにしても、知れば知るほどキヨシローって不思議な人だ。
スポンサーサイト
2009.11.18 Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://fairground.blog78.fc2.com/tb.php/797-37193466