兵庫さんが解説を書いているRO69「特集」コーナーの、ザ・ブルーハーツ企画。
私も楽しく拝読しております。
だって全部の曲リアルタイムで知ってるし、その曲の時代背景なんかもいちいち分かるし、兵庫さんと同世代というせいもあるのか、その曲それぞれの思い入れなんかも、なんだかすごーく自分と共感できる部分がたくさんあって。

解説読みながら、
「ウンウン、そうそう。だよねぇ~。そーなのよっ!」
などとパソコンの画面に向かって頷いております。

で、昨日12月20日の12:18に書かれた記事

タイトルは『「リンダリンダ」のPV』というもの。
この中に書かれている、「リンダリンダ」のPV・・・って書いてあって、ご本人も
実はそれ、このPVではないのだ。
と言っているけども。

そうだよ! あれ別にPVってワケじゃないでしょ?

あの無機質なスタジオの中で、デビューちょっと前のブルハの4人が「リンダリンダ」を唄っているっていう、ただ、そういう映像だよね? あれ。

私、この映像が録画されたビデオテープをレコード屋から買ってきて何度も何度も何度も何度も繰り返し見てたもん。
もう画面に食い入るようにして見てたもん(笑)
確かそのビデオテープのタイトルが 「THE BLUE HEARTS」っていう、そのまんまやないけっ! ってツッコミたくなるようなタイトルだったと思う。
まだDVDは当然出ていなくて、CDが出始めるちょっと前ぐらいだったな。
確か“1986年の3月に撮って”(それとも1987年だったかなぁ? 汗)・・・というテロップが映像の中に流れていたんじゃないかな?
他に「爆弾が落っこちる時」と「NO NO NO」が入っていて。

これのことでしょ?↓
THE BLUE HEARTS/「リンダリンダ」

兵庫さんは記事の中で「型破り」とか「スゴイ」と言っているけど。
確かにブルハはそうだとは思うけど、この映像に関してはそんなに褒めるほどのものなのかな? と、思う。

私には分からない。

ただ、今でもこれ、好きだ。

昔、この映像を見ていた時、たまたま母親もその場で針仕事なんかしていてなんとなく一緒に見ていたんだけど、見終わった後に母親が一言ポツリ。

「(ヒロトくんを見て)かわいそうな人だねぇ....」って呆れたように言った。
もうさ、ワタシ苦笑いするしかなかったよ。
この人はそういうふうにしか見れないんだな、と思って。

まぁでも、これ見たらムリもない・・・のかな? f(^^;)

しかしなぁ。。。
こうやっていまだにブルハの痕跡を追いかけているワタシは一体なんなんだ?

これでも、ブルハが解散してから暫くはブルハが聴けなかったんだよ。
「あ、最近聴いてないから久しぶりに聴いてみようかなぁ」と思ってジャケットに手を伸ばしかけたことも何度かあったけど、なんでか分かんないけど聴けなかったんだよ。
なんか、そんなふうにお気軽に聴いちゃいけないような気がしてさ。

・・・・・・・・・ってハナシをウチのダンナに話したら、ウチのダンナ「ふーん。よっぽど好きなんだね( ̄ー ̄)」って言ってた。

そっかー。結局はそういうことなのかなぁって思ったよ。

「想い出のあの曲 ナントカカントカ・・・」って、そういうんじゃないだろブルーハーツは。



でも、こうやって力んで語っちゃうのも、なんかカッコ悪いような気もする。
スポンサーサイト
2010.02.21 Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://fairground.blog78.fc2.com/tb.php/865-f4f0109e