昔働いていた職場で、私に写真のおもしろさを教えてくれた後輩がいる。
その子は写真が趣味で、暇を見つけてはカメラ片手に「これは!」と思ったものをパシャパシャ撮影していた・・・らしい。

らしい・・・・・・というのは、実は一緒に働いていた時は写真が趣味ということをよく知らなくてね。
私が結婚する時に、その子が自分が撮影した写真と一緒に手紙をくれてね。結婚祝いとして。
そこで初めて知ったのね。

その手紙の中でさ、私のことを「あったかい空気を持っている人」なんて書いてくれていたんだ。

嬉しかったのはもちろんだけど、それ以上に驚いたんだ。
その子の目に、私はそんなふうに映っていたんだなってさ。

当時、私はまだ20代。
その職場で、それこそ昼も夜もなくずぅっと働いてた。職場に泊まり込んだこともあったし。
仕事と人間関係のストレスからいつもウツウツとしていたような気がする。
仲のいい同僚もいたから時には一緒に遊んだりしてストレス発散もしていたけど、いつも時間に追われているようで、精神状態はいつもヘトヘトだったんだ。
それに極度の小心者だし。それがウツウツ、ヘトヘトに更に輪をかけていた。

その子の前で、私のそんな情けない姿しか見せていないはずなのに。
それなのに、手紙には「あったかい.........」なんて書いてくれてたんだ。

なんで急にこんな話をしたかというとね、その子もBLOGをやっていてさ、先月私がその子のBLOGにコメントを入れたんだ。
またい~ぃ感じの写真をアップしてたから。

そこで、昔もらった写真&手紙のことを思い出してさ、久しぶりに引っ張り出して写真を眺めて手紙を読み返してたんだ。

だからさ( ̄ー ̄)


その子は今、その職場をやめて一児の母になった。
なかなかハードワーキング(いろんな意味で.....)な職場だったから、その子も働いていた当時はいろいろ苦労したみたい。
でも逆に鍛えられたかもしんない。私も、その子も。

因みに.........
プレゼントしてくれた複数枚の写真の中に、私とダンナが映っている写真も一枚だけあった。
ちゃんとカメラに向かっておすましした・・・・ってな写真ではなく、知らないうちに撮られていたような写真。
たぶん会社の飲み会かなんかの時、知らずに撮られていたんだろな。

そこに映っていた私。
最初みたときは自分だと思わなかったよ。
どこの野郎だ? なんて思った(笑) 男に見えた(笑)
今は髪の毛が長いけど、その時はショートだったし。
着ているものも、シャツにジャケットにジーンズという、まるで女っ気のない格好だったし。

私もその子も、今はその仕事をやめちゃったけど
ウチのダンナは、まだその職場で働いてます。

真島 昌利/ルーレット
スポンサーサイト
2010.04.06 Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://fairground.blog78.fc2.com/tb.php/907-2807ae12