7002.JPG

アッコちゃんの曲の中では、「ごはんができたよ」が一番好き。
「ひとつだけ」よりも、こっちの方が好き。

なんでかっていうと、この曲はBLUESだから。

BLUESだよ、これ。
母としての、女性としての気持ちを表したBLUESだ。


だから、好き。

矢野顕子/ごはんができたよ




沢田の研ちゃんは『サムライ』の中で

 男は誰でも 不幸なサムライ
 花園で眠れぬこともあるんだよ

 男はいつでも 悲しいサムライ
 しあわせに照れてることもあるんだよ

と、唄っていたが。


そりゃぁ、よく分かる。
よく分かるが、母としては、また女としては、分かっていても言わずにはおれないもんなのヨ。

 つらいことばかりあるなら 帰って帰っておいで
 泣きたいことばかりなら 帰って帰っておいで

って、いうことをさ。

そんなことを宮本さんに言ったら、どういう反応を示すだろう?
いつも「男」だ「戦いだ」「前へ進めぇー!」と言っている宮本さんにこういうことを言ったら、なんて言うだろう?

「ごはんができたよ」を聴くと、いつもそんな考えが頭に浮かぶ。
スポンサーサイト
2010.06.08 Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://fairground.blog78.fc2.com/tb.php/952-6ef28e11