野音が終わり、たくさんの人と屋台の焼きそばの匂いで蒸むせかえる野音会場周辺で、私はこのあと久しぶりに会う友達にメールを送っていた。

eboliさんは、ほかの絵チャの方たちとお茶会(・・・というか、吞み会)のため、一旦ここで彼女とは別行動となる。

やがて公園内で友達と合流。
それまでBLOGを通じて交流を深めてきたが、去年、SIONの野音で初めて彼女と会った。その時彼女のダンナちゃんも一緒だったけど、今年も二人で来ていた。
彼女はSIONファンでもあるし、エレカシファンでもあるのだ。私と同じ。

会って早々、トイレに付き合ってもらって・・・公園を後にする。

特にどこのお店に行くとも決めていなかったので、しばらく三人で夜の街を散策。
因みにこの時点で、友達とそのダンナちゃんは二人とも缶ビール片手で・・・。

途中、道が分からないからということで近くの交番へダンナちゃんが道を聞きに行った。缶ビールを片手に持ったままwwwww
「缶ビールは預かるから!」と言っている友達の言うことを聞かず、そのまま交番に入るダンナちゃん。

あ~ぁ。。。。。お巡りさんに、「ワタクシ酔っ払いデス(^^)!」と、言っているようなものではないか・・・。
その様子を、ただただ茫然と見送る友達(・ω・`;)と、私(-ω-`;)。

そのまま新橋方面へ向かう。
三人とも東京は分からないので、去年行った店の記憶を辿ってなんとなく歩く。
そのうち辺りは怪しい雰囲気に・・・。
ピンクネオンがやけに目立つ。
これからお勤めです、という感じのオネーチャンたちがやけに目に付く。

途中、一人先を歩いていたダンナちゃんが、とある店の前で呼びこみをしていたおにーさんに声をかけられたりしながらも、やがて適当な店を見つけてやっと落ち着く。

この度、二度目の再会だった。
ただただ嬉しかった。また会えたことが。
お互いの家のことをポツリポツリと話したり、今日のLIVEのことを話したり。
彼女も私も、あまり喋る方ではないから、ホントにポツリ、ポツリという感じだったけど、それでも全然良かった。
それにダンナちゃんの話も楽しかったし。

ただ残念だったのは、私が始終ケホケホと咳こんでいて、二人にいらぬ心配をさせてしまったこと。
たぶん、ウチらの隣りのテーブルにいたリーマン集団がタバコを吸っていたせいだと思う。
まぁそれはしょうがない。そういうのを分かっていてこっちはお店に来てたんだから。

それに私もビールを呑んでたしwwwww。
その時、病院から貰った薬はもう飲み終わって無くなっていたから、それをいいことに。
・・・・・・・・つか、そういう状況じゃ呑むでしょ。呑むしかないでしょ。
最初からそれを目的に来てたし( ̄m ̄)


楽しい時間はあっという間で、このあとeboliさんと待ち合わせしているというと、その時間を気にしてくれて、去年のように駅まで見送ってくれた。



えっとね、ダンナちゃんとこハチャメチャな人みたいに書いちゃったけど、そんなことないよ(汗)
二人ともすごく優しくてね、なんか安心して甘えられるという感じ。
甘えるっていうのはおかしいかな?( ̄ー ̄;)
でもとにかく二人の前では安心できる、リラックスできる。
何にも構えることなく、気がねすることなく、素の自分をそのまま出すことができる。
素の私を出してもそのまま受け入れてくれそうな気がして。

・・・・・・・・・・・あ、やっぱり甘えてんのかな?(汗)

別れる時、友達から、これもろた~♪
7172.JPG

*ここで、突然私信でござる:
友達へ・・・・・
 あのとき駅で別れてから改札を通ったらね、eboliさんと偶然会ったよ!
 待ち合わせ場所に行く前に(^^;
 eboliさんの方が私を見つけてくれたの♪
 なので、そのまま赤羽まで二人で帰ったよ( ̄ー ̄)v
スポンサーサイト
2010.07.25 Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://fairground.blog78.fc2.com/tb.php/993-f3592041