このジャケ写を見て
(あ…デビュー当時みたい)
と、思ったのは
きっと私だけじゃないはず



それとも
そんなふうに思うのは
私だけか?



しかしさぁ…

なんで こういうポーズになったかねぇ〜


だけど、これを見ても今さらどうとも思わないが。

「どうした?! 宮本さん‼︎」
とも思わないが。

どうしたもこうしたも、
何をやったところで

「だって、宮本さんだから…」

で、全ては収まってしまうから。

そして、時間が経つにつれ
この、一見インパクト大のジャケ写も
エレファン達の中で
やがては「日常」と化してしまうのだから。

それにしても

ジャケ写を撮影したこの場所は
一体何処だ?
2016.08.03 Top↑
今週の金曜日から始まるドラマ『任侠〜おとこめし〜』の主題歌に、エレカシの曲が決まったよ!

というニュースを以前に聞いたのだが。

このドラマさ、こっちの方では放映しないのよね。

なーんだ(-_-)

と、思いつつも、かえってこれで良かったのかも
…とも思う。

いや、だって、せっかく新しい音を聴くのなら、最初から最後まで向き合って聴きたいじゃない。
たぶん、ドラマの主題歌だと一曲フルでは流さないじゃない。
だから、かえって
良かったのかも、と。

今、前ほどエレカシベッタリというわけではなく、少し距離を置いたような感じでエレカシを見続けているのでら自分の中ではとてもいい感じです。

決して心が離れたわけではなく、むしろ、初心に帰れた…なんつったら大袈裟だけど、エレカシも私も、まだ20代前半そこそこだった頃に感じてた、「付かず離れず、でも実はとっても気になる人たち」という感覚。
それ故、じっくり見てみたいけれど、こちらを寄せ付けさせない何かがあって、ついつい遠まきに見てしまう。

と言った、あの頃の感じ。

他の何にも自分が影響されることなく、自分の感覚だけでエレカシを感じることができた、あの頃の感じ。
その感覚が、いままた蘇ってきつつあるようで、自分としては
(なかなか、いいぞ、これ)
なーんて思ってるわけで。

来月、新しい音源を聴けることを、今はただただ楽しみにしております。
実はCMソングもまだ聴いたことがない。
CM自体、いまだ見たことないんだから当たり前か。

話変わって…。

先日のCHABOさんのLIVEの件で、ちょっとだけ付け足し。
LIVE中、CHABOさんのギターの弾き方を見て、石くんを感じさせるような仕草が何度かあった。

前も言ったけど、やっぱ、石くんのギターの弾き方って、どこかCHABOさんに似てるんだよねぇ(^ ^)


更に、話はまたまた変わって…。

先日放映されたARABAKI。
録画したのを見たんだけど。

その中で、eastern youthのステージでの、最前列のお客さんの中に、エレ友さんを一人見つけた。
とーってもいい笑顔でステージを見てらっしゃいました。
一年以上も会ってないけど、その笑顔を見て
元気そうだな(^.^)
なんて思った。

そういえば、ARABAKI二日目。
肝心のエレカシのステージは、まぉ見ていない。
2016.07.12 Top↑
今日は、宮本さんのお誕生日です。50歳になられたそうです。

正直、宮本さんが50歳と言われても、まったくピン! と、こない。

成ちゃんやトミが50になった・・・・というのは納得できるのに。

たぶん、それは、私の中で宮本さんは、年齢のわりには精神が幼いイメージがあるから。

いや、幼いという言い方は語弊があるかな。
一般的な50歳のイメージに比べると、傍から見ても若いというか、世の中の常識から少しだけズレているような。

そんなんだから、「宮本さんが50歳になった」と言われても、全くピンとこないのよね。

ま、でも、そんな宮本さんだから、私は好きなんだけどさ。


お誕生日 おめでとうございます!
今日はいい一日を過ごせてるのかな。
2016.06.12 Top↑
「ROOTS66 -Naughty 50- SPECIAL」
今月の30日 スペースシャワーTVで、大阪城ホール公演の模様を中心にLIVE映像をお届けします!


だ、そーです。
時間は 20:30〜22:00

要 予約っス。
2016.04.06 Top↑
amo 

街に出かけて
  春を買ってきた


26日開通の北海道新幹線に伴い、仙台駅の1、2、3階、そして東口への通路も、でっかく一新。
東北初出店のお店もいっぱい並んでて、なんかここだけ見たら、おととし行った東京スカイツリーのソラマチ思い出すワ。




そして 今日は・・・
石くんの誕生日

kur おめでとう (*´∀`人 ♪

ちっちゃくカンパイ!♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪


石くんと同じ誕生月 そして 同じ星座だということだけで

それだけで嬉しいワタシ(ノ´▽`*)☆
2016.03.18 Top↑
宮本さんがインタビューを受けたいくつかの雑誌等々。
それらの購入していたものを改めて読み直してみようと、とある雑誌を家の中で探したのだが・・・・・・探したのだが(汗)・・・・・・・探したのだが(汗)(汗)
どうしても見つからない。

そこで、ハタッ!( ̄∇ ̄;)と気が付いた。
そういえば、ちょうど一週間前に雑誌・ダンボールの類(たぐい)をゴミに出したっけ。
もしかしてその中に入ってたんじゃ・・・。

と思い、雑誌・ダンボールの梱包を頼んでやってもらったダンナに、「こういう雑誌、無かった?」とスマホで雑誌の表紙を出して聞いてみたら、「あ、そういうのあったよ」との答え。

あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ~~ぁぁぁぁ/(゜Д゜;)\ あぁぁぁぁああああぁぁぁ~!!!!!




エレカシのLIVEがあった翌日という、本来なら幸せな気持ちに包まれているはずのこの日。
まるでマンガのように頭を抱えながらそのままその場にしゃがみ込み、どんよりとした気持ちで朝を迎えるという最悪な状態。
その他、仕事や家の中のこととか。普段の生活というやつが怒涛のように襲いかかり、いつまでも夢見心地ではいさせてくれず。
こうしていつもの一日が始まるわけでして。


まーったく
もうちょっと夢を見させてくれよ......。


えぇ、そんなわけで、昨日行ってきました。
自分の中では今年の大メインイベント、エレファントカシマシのLIVEに!
2015.12.13 Top↑
先週はずっと、米津玄師のファーストアルバム『diorama』を聴いていた。
なーんかねぇ、この人の曲、そういえばちゃんと聴いてなかったな、と思って。
改めてきちんと聴いてみたら、やーっと自分の中にこのアルバムの楽曲たちが取り込まれたような気がして。
ちょっと嬉しいような、気持ちいいいような。


そして・・・・・。
また昨日から『RAINBOW』を聴き始めている。
少しずつ、少しずつ、自分の中に入っていく。
沁み込んでいく。

なんで、私はエレファントカシマシが好きなんだろうか?

今の宮本さんとメンバーの想いを考えると、100%理解できない部分もあったりして。
でも、そこをどうしても理解しようとして、やっぱり分からなくて、自分が苦しい想いをしたりもする。

例えるなら・・・。
夫婦や恋人でも理解できない部分があったり。
それとは逆に、気の合う友達となら自分も相手もお互いがお互いのことを分かっていて安心したり。
時に、その安心感は夫婦や恋人以上に大きい。

同じ愛でも、夫婦・恋人に対するそれと、友達に対する愛はまた違う。もちろん、関係性も。

だから、いくらエレカシが好きでも理解できない部分があったとしても、それはそれでいいのかもしれない。
そんなふうに思った。
そんなふうに思ったら、自分の中で妙に納得できた。

だけど
エレファントカシマシが好きな理由は
やっぱり分からない

あ、ちなみに。
理解できないことって、なにも「音楽と人」の記事のことを指してるわけではないです。
念のため…。


話は変わるけど、「ROCKIN'ON JAPAN」、昨日買ってきて読んだ。

ライターさんたちの、全アルバム評。
兵庫さんのは面白いねぇ。
正直、アルバム評としてあれはどうかとは思う。

どうかとは思うよ。
決してイイとは思わないけどさ、それでも私はイヤじゃないなぁ。
面白いよ、兵庫さんの書く文章。
なーんかさ、ニヤニヤしながら読んでたよ( ̄ー ̄≡)
2015.12.06 Top↑
エレカシのアルバムをひととおり聴き終わってから、まだ一度しか聴いていなかった
CHABOさんのアルバムを再度聴いてみた。

エレカシ聴いてる時は、曲全体も・・・なんだけど、それぞれの音にも集中して聴きたかったからさ。
なので、気が付けば聴いてる間ほとんど動かずにジッとしたままだったのよね。
で、次にCHABOさんのアルバムを聴き始めたらさ、とーってもリラックスして聴いている自分がいてさ(苦笑)
体が自然とリズムとってたり、自然とフレーズを口ずさんでたり。なーんか、楽しい気持ちになっちゃって。

なんだ? この違い(^~^;)

エレカシとCHABOさんでは演っている音楽の質がまた違うから、しょうがないっちゃしょうがないかもしれないんだけど。
でもCHABOさんの曲や歌詞だって、楽しいものばかりでもないのにね。


いや、ところでエレカシアルバム。
まだそんなに聴き込んではいないから、どの曲がどうとかだの、なんとも言えないけど。

でもさ、『この曲とこの曲は、こんな感じで作って。』って話を宮本さんもいろんなメディアで話しているけども。
アルバムの曲をよく聴き込んでから、改めて宮本さんが話していたことを参考にして曲を分析する・・・分析っていう言い方もおかしいけれど、そんなふうに意識しながら聴いてみるのも、それはそれでまた面白いんだけどさ。

でも、発売前のアルバムを聴く前に、そういう情報はあまり聞かない方がいいかもしれないなと思った。私の場合。
だって、曲を聴く前にそういう情報が頭に入ってるとそれが邪魔をしてさ、せっかくの初聴きなのに素直に聴けなかったりするから。自分の感性で聴けなくなってしまうから。

だったら、そういう雑誌のインタビューとか読んだりしなきゃいいんだけどねぇ。
でも、どんなこと話してるのか気になるからついつい読んでみたくなるじゃ~ん♪


さっきも言ったけど、まだそんなに聴き込んではいないからこれがどうとかはなんとも言えないけど、でもこれだけは分かる。
宮本さん、ますますいい声になってる。

hc
2015.11.23 Top↑
先月に引き続き、2本目の親知らずを歯医者に行って抜いてきました。
まだ、お口の中が違和感満載。


ゆうべ録画した、山崎さんのエレカシインタビューを見てた。

山崎さんが、「並外れた破格の才能があるアーティスト」と、宮本さんのことを話した時、(あ! そういうことなのかな)と、思った。


「音楽と人」のなかで、宮本さん以外のメンバーが
『ミヤジはすごい才能を持っている』
という意味がさ、なんとなく分かるような、よく分からないような感じでさ。
先月に引き続き、2本目の親知らずを歯医者に行って抜いてきました。
まだ、お口の中が違和感満載。
メンバーの言う、『凄い才能』って、どういう、何を指して言っているのかよく分からなくて。
それは、曲を作る才能のことなのか、それとも音の聴き分けの凄さのことなのか、それとも音楽=仕事としての、マネジメントなことなのか。
はたまた、人間的なことなのか。
そのどれもが凄いということは私でもなんとなく分かるけど、それらの事柄とはまた別のものを含めてのことなのか。

よく分かんなくてさ。

だけど、インタビューの中で山崎さんのその言葉で、なぜだかピン!とくるものがあった。

なんでだろ

具体的なことを山崎さんは何も言っていないはずなのに、なぜこれだけを聞いて理解できたような気がしたんだろ。

話は変わるけど、「RAINBOW」って難しい曲だね。
何も、カラオケで歌うのが難しそう…とか、そういう意味じゃないよw

今までいろんな番組で、この曲を5、6回ぐらい聴いたけど、こう…グォーッ!と心に来るような高揚感がないというか。
どうもなんか、苦しい。本当はあんなもんじゃないはずなのに、とも思う。
この曲をテレビじゃなくてLIVEで初聞きしたかったな。
たぶん、アルバムに入っている「RAINBOW」は、テレビで聴くような、あんなもんじゃないと思う。
どこかの番組で、アルバムに収録されてるこの曲をチラッとだけ流してたけど、やっぱりいい感じ( ^ω^ )

結局、今日もアルバム聴けそうにもない。
2015.11.22 Top↑
まぁ、そんなワケで。
疲れはちょっと残ってるけど、これはたいしたことじゃない。今日一日休めばとれる程度だから。
それよりもさ、ゆうべヘドバンしたせいか、首がムチウチのようにちょっと痛くてww
いや、ヘドバンて言ったってそんなに激しくした覚えはないんだけど。
でも、最後の最後で、あのサイン会はないワぁ~。(・・・まだ言ってる)

で、昨日帰ってから「Covers」観たよ。

2015.11.17 Top↑